仮想通貨【 Compound(COMP)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Compound」(COMP)について解説します。

Compounndとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Compound(COMP)とは

Compoundは、ユーザーがプラットフォームでサポートされているいくつかのプールの1つに自身の仮想通貨資産を預けることにより、利息を得ることを可能にするDefi貸付プロトコルです。

※Defiとは→【 Defi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説

ユーザーがトークンをCompoundプールに入金すると、その代わりにcTokenを受け取れる仕組みです。

これらのcTokenは、プールにおける個人のステークを表し、プールに最初に入金された基盤の仮想通貨を自由に引き出すために使用できます。

例えば、プールにETHを入金させると、ユーザーは代わりにcETHを受け取ります。

時間の経過とともに、これらのcTokenの原資産への為替トレードが増加します。

つまり、最初に入れたものよりも多くの原資産に交換することができるのです。

利息はこのようにして配分されます。

それに対して、借り手は担保を預けることで任意のCompoundプールからローンを得ることができます。

最大借入額(LTV)の比率は担保資産によって異なりますが、現在の範囲は50〜75%です。

支払われる金利は借りた資産によって異なり、担保が特定の値を下回った場合、借り手は自動的に精算される可能性があります。

2018年のCompoundメインネットのローンチ以来、プラットフォームの人気は急上昇し、最近ではロックされた金額合計が8億ドル以上になっています。


Compoundの公式ホームページはこちらです。

Compound
Compound is an algorithmic, autonomous interest rate protocol built for developers, to unlock a universe of open financial applications.

Compoundの創設者

Compoundは、Robert Leshner氏Geoffrey Hayes氏によって2017年に創設されました。

以前はオンライン配達サービスのPostmates社の管理職を担っていました。

両者はCompoundプロトコルの背後にあるソフトウェア開発会社、Compound Labs、Inc社で引き続き役員職に就き、Leshner氏は現在CEOを務め、Hayes氏はCTOを務めています。

そして両者ともに、成功を収めた企業経験がありますが、Robert Leshner氏は特に、ブロックチェーンスペースの成長を支援することに積極的で、Argent Wallet、Opyn、Blockfolioを含む人気のある仮想通貨プラットフォームに投資しています。

Compoundチームは現在、十数人を超えるメンバーで構成され、そのほぼ半数はエンジニアとして働いています。

Compoundの特徴

Defi

Compoundは、仮想通貨の大部分は取引プラットフォーム上で保有者に貢献もせず、アイドル状態にしています。

そしてイーサリアムトークンをサポートした貯金者が簡単に残高に対しての利息を獲得したり、ローンを受けたりすることを可能にするオープンプラットフォームで現状を変えようとしています。

Compoundのコミュニティガバナンスは、他の同様のプロトコルとは一線を画しています。

プラットフォームのネイティブガバナンストークン(COMP)の保有者は、プロトコルへの変更を提案したり、意見を投じたり、他の人が提案した変更を実装するかどうかについて投票することができます。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説

Compoundチームからの関与はありません。

これには、サポートを適用する仮想通貨の選択、担保要員の調整、COMPトークンの配布方法の変更が含まれます。

これらのCOMPトークンは、第三者の取引所から購入したり、資産を預けたり、ローンを得たりするなど、Compoundプロトコルとの連携によって獲得することもできます。

スマートコントラクトによる自動処理

Compound上の全てがスマートコントラクトによて自動的に処理されます。

スマートコントラクトは、イーサリアムとERC20資産が貯金された後、cTokenをミントすることにより、CompoundユーザーがcTokenを使用してステークを引き出せるようにします。

このプロトコルは、プラットフォームでサポートされているすべての資産に担保係数を設定し、各プールが常に超過担保されるようにします。

担保が最低メンテナンスレベルを下回った場合、5%の割合で精算者に売却されることにより融資の一部を払い戻し、残りの部分を許容可能な担保係数に調整します。

このような措置は、借り手が担保レベルを維持し、貸し手のためにセーフティネットを、そして精算者には収益を得る機会を提供します。

COMPの供給量

多くのデジタル資産と同様に、COMPトークンは一定数しか存在しません。

総供給量は1000万COMPです。

この1000万COMPのうち、4年間で420万トークン弱がCompoundユーザーに配布されます。

割合規模で2番目に大きい(ほぼ240万COMP)額は、Compound Labs、Inc社の株主に送られ、220万トークンはCompound創設者及び現在のチームに4年間の権利確定期間付きで配布されます。

そして775、000COMPはコミュニティガバナンスインセンティブのために保留され、残りの332,000トークンは将来のチームメンバーに割り当てられます。

投票者はコミュニティガバナンス事項の提案を採択することにより、排出率を増減することができるため、COMP排出の正確な割合は時間の経過とともに変化する可能性があります。


COMPの上場している仮想通貨取引所

COMPは下記の仮想通貨取引所に上場しています。

・Coinbase Pro

・Binance

・Houbi Global

有名どころはこちらの通りですが、他の仮想通貨取引所にも上場しています。

投資における将来性・まとめ

コンパウンドはDefi貸付プロトコルが特徴的です。

スマコン上で自動処理が可能です。


素晴らしい機能です。

しかしDefi関係は競合も多いです。

そのためCompoundでなければならない理由があると良いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました