仮想通貨【 Astarとは 】特徴・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Astar」について解説します。

Astarとは・特徴・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Astarとは

Astarは、Stale Technolosies社が開発するパブリックブロックチェーン上の仮想通貨です。

トークンは「ASTAR」です。

Astar Networkは、Web3.0のスケーラブルで相互運用可能なインフラストラクチャです。

2022年1月にメインネットが立ち上げられました。

その後はすぐにGate.ioやHuobiなどの海外取引所に上場し、注目を浴びています。

Astar Networkでは、異なるブロックチェーンの相互運用を可能にしています。

そして、Polkadot(詳細→仮想通貨の一種【 ポルカドットとは 】分かりやすく解説)を強化させたブロックチェーンです。

Polkadotはスマートコントラクト(詳細→【 スマートコントラクトとは 】Defi)の機能がありません。

しかしAstarは、Polkadot上でスマートコントラクトを提供することができています。

そしてPolkadotのパラチェーンとしての機能を発揮しています。


Astarの公式ホームページはこちらです。

Astar Network - Polkadot DApp Hub
astar is the Polkadot-native dApp hub supporting Ethereum, WebAssembly, dApp Staking, and Layer2 solutions.

Astarの特徴

Polkadotのパラチェーン

Astar Networkは、Polkadotのパラチェーンです。

パラチェーンとは→仮想通貨における【 パラチェーンとは 】分かりやすく解説


この記事にもあるとおり、Astarは、Polkadotのパラチェーンのオークションを獲得しました。

日本人が進めているプロジェクト

Astar Netwoekは、日本人が関わっているプロジェクトです。

渡辺創太氏が代表のStake Technologies社により開発が進められています。

会社の拠点はシンガポールですが、日本人による開発です。この業界で日本人が関わることは少ないため、珍しいです。

Coinbaseからも出資を受けている

アメリカの大企業のCoinbaseもAstarに出資しています。

その他にも知名度があるHoubiもAstarに出資しています。

投資における将来性・まとめ

Astarの最大の特徴は、日本人がプロジェクト開発に携わっているということですね。

この業界の開発に日本人が関わっていることは珍しいです。(仮想通貨に関する法律が厳しいため)

そのため本拠地はシンガポールですが、実質日本人が携わっているため話題になりました。


そしてパラチェーンも特徴ですが、Polkadotの力を借りている部分がありますね。

これで話題になりましたが、このオークションとPolkadotの知名度の力を借りた結果です。


ここからは個人の意見になりますが、これ以外の特徴としてDefiya DAppsもありますが、正直他のカス通貨のプロジェクトとそれほど変わらないため、そこまで秀でた優位性を感じることはできませんでした。

他にも優位性や特徴を築くことができたら良いですね。

暗号資産(仮想通貨)取引サービス米国最大手のコインベースが、日本発のパブリックチェーン「Astar Network(アスターネットワーク)」に出資した。Astar Networkは、渡辺創太氏がCEOを務めるStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が開発している。コインベースが3月7日に発表した。

ベンチャー投資を手掛けるコインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)を通じて出資する。Astar Networkはすでに、バイナンスやフォビ、ポリチェーンなどから投資を受けている。また、個人として、サッカー選手の本田圭佑氏も参画している。今回はフォローアップラウンドにあたる。

ステイクテクノロジーズには1月、暗号資産取引所を手掛けるコインチェックが出資を発表。Web3.0の創造を後押しするスタートアップ企業を支援するプログラム「Coincheck Labs」の第1号に採択された。

Astar Networkは、Web3.0の基盤を目指し、異なるブロックチェーンの相互接続をするPolkadotエコシステムの接続先に選ばれている。1月17日にメインネットを立ち上げた。

ネイティブトークンは「ASTR(アスター)」。フォビグローバルやKrakenに上場している。

ブロックチェーンゲームやNFT(非代替性トークン)サービスの開発を手掛けるCryptoGames株式会社は29日、渡辺創太氏が主導するパブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)とパートナーシップを締結したことを発表した。まもなくAstar上にdAppsをローンチする予定も明かした。

CryptoGamesは2018年に設立した会社で、ウォレットなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』やクリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」などの提供サービスで知られている。

今回の発表によると、Astar Networkが導入しているdApps開発者へインセンティブを用意するBuild to Earn(構築して稼ぐ)プロトコルを評価し、パートナーシップの提携に至った様子だ。

関連:日本発パブリックブロックチェーンAstar Network、25億円の資金調達を完了

Astar上にローンチを予定しているdAppsの詳細や詳しいに日時については触れられておらず、「今春」にローンチすることだけが発表された。

今回基盤チェーンとして選ばれたAstar Networkは、時価総額ランキング上位のブロックチェーンであるポルカドット(DOT)に史上3番目に接続されたパラチェーン。最近では、マルチチェーンに対応したり、TVL(Total Value Locked)が10億ドル(約1,200億円)に達したり、double jumpと提携してNFT領域に参入するなど、その勢いを拡大させている。

暗号資産アスター:Astar(ASTR:アスター)が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に上場したことが2月28日分かった。

米マイクロソフトは10日、国内発のブロックチェーン「Astar Network(ASTR)」との提携を発表した。共同で支援プログラム「Astar Incubation Program」に取り組む。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました